一畳一会

一畳一会

▼タタミのエンドーについてのPR動画をご覧ください▼

快適な住まいの空間づくりに畳を通じて貢献してまいりました。
日本の伝統産業である畳を利用者の皆様方が必要な時に、
お手頃な価格で供給することを理念にしております。
畳のことならすべてお答えできるものと自負しております。
これからもお客様と当社の畳との出会いを大切に想い、
最高のおもてなし出来る空間づくりに貢献してまいりたいと思います。

株式会社タタミのエンドー

畳ができるまで

畳ができるまで

どの様に畳ができるのかをご存じですか?
昔は手作業で行っていましたが現在は、コンピュータ制御で畳製造が行えるコンピュータ式畳製造設備の導入により、
1日200帖の畳生産が可能になりました。

工程

データ入力

職人が計算した畳の寸法を一枚一枚大きさの違う畳のデータを全機器に送り込まれます。

工程

全自動両框裁断機

裁断位置決め・巾寸法決め等を自動で行い、
畳を製造していきます。

工程

自動表張機

畳表を畳床に正確に張りつけ、
仮止めします。

工程

自動両框縫機

一台の機械で畳表を畳床に正確に張りつけ、
框方向の両端同時に畳表を床に縫いつけます。

工程

全自動両平刺機

1枚1枚巾方向を切断しながら
畳ヘリを両側同時に表面から縫いつけます。

工程

自動隅留機

縫い付けられた畳縁を返していき、
四隅をしっかりと留めます。

工程

全自動両縫機

畳ヘリが裏面へ折返され、
両側同時に裏面へ縫いつけられます。

工程

完成

全ての切断と逢着作業が完了。
仕上げ作業等を行って完成です。

工程

施工

完成した畳の敷きこみ作業です。

タタミのエンドーのこだわり

タタミのエンドーのこだわり

畳にはたくさんの種類や素材や修繕方法があります。
ここでは『タタミのエンドー』がこだわる畳に関する情報をご紹介。
もちろんお客様に最適な商品のご提案も行っております。お気軽にお問い合わせください。

畳の種類 修繕・お手入れ

畳の種類

縁あり畳

私たちがよく目にする畳です。使う素材の組み合わせによって、更に細かく種類が分かれます。

縁なし畳

縁のない畳のことです。加工が難しいために、畳職人の手作業で製造される畳です。

床の間用畳

床の間に使われる畳です。畳表に畳縁だけをつけた薄縁が多く使われています。

畳は中の芯の部分にあたる畳床にも種類があり、普段は気になりませんが、湿気への耐性など材質ごとに特性があり、長持ちさせるにはその場所にあった素材を見極めることが大切です。種類や特性などにつきましては、用途や住まいの立地など、条件に合った素材選びをお手伝いいたします。

畳の修繕方法・お手入れ方法

古くなった畳の交換を行うタイミングをご存じでしょうか?
見た目に古くなったので交換するのはもちろんのことですが、畳を歩いていて凹凸が気になりだしたら、畳床が傷んでいる証拠です。
このままだと畳表もすぐに傷んでしまいます。そうなる前にぜひご相談ください。

畳表の裏返し

畳表は両面を使うことができるため、裏側がキレイなうちに裏返しを行えば、一枚の畳表を長い間使用できます。畳表の痛み具合にもよりますが、目安として2~3年以内に裏返しを行うことをおすすめ致します。

畳の表替え

畳床はそのままで、畳表と畳縁を新品に交換する事をいいます。長期間の間にできた畳と畳の隙間が解消されるとともに、新しいイ草特有の香りや肌触りがよみがえります。

新畳

弾力性が無くなったり、凸凹が激しくなったり、隙間が出て来たら替え時です。
今までの同じ雰囲気の畳を選ぶのも、気分転換に新しいデザインの畳にするのもお客様の自由です。

施工実例

施工実例

『タタミのエンドー』ではさまざまな施工実績がございます。
お客様のイメージにあうカタチが見つかります。

会社概要

会社概要

社名 株式会社タタミのエンドー
所在地 〒963-0551
福島県郡山市喜久田町字双又35-6
電話 024-959-4031
FAX 024-959-3721
営業時間 8:00 ~ 17:00
定休日 日曜日・祝祭日
創業年 昭和48年9月
代表者 遠藤 善栄
建設業者許可番号 福島県知事許可(般-11)
第23695号/内装仕上工事業
お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

024-959-4031 WEBフォームからお問い合わせ

【営業時間】8:00 ~ 17:00 
【定休日】日曜日・祝祭日 
※営業時間外、定休日を除く

PAGE TOP